【盛岡】婦人科で相談できる更年期障害の特徴

女性の体は40代後半から50代前半にかけて変化しやすいと言われています。そのため、婦人科での定期的な検査は、自分の体を守るうえで非常に大切です。個人差はありますが、閉経の時期を挟んだ前後5年ずつ、あわせて約10年間を更年期と呼びます。

その更年期に起こる様々な不快な症状が、女性を悩ませる更年期障害です。こちらでは、盛岡市で婦人科のあるクリニックをお探しの方に向けて、更年期障害の特徴や代表的な症状について説明いたします。

婦人科で相談できる更年期障害の基礎知識

電球と指差ししている手

更年期障害とは

女性は更年期を迎えると、女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少します。この卵巣から放出されるエストロゲンの減少により、精神面と体面に現れる症状が更年期障害です。

エストロゲンには体の機能を調節する役割があるため、エストロゲンの分泌が減少すると、様々な機能が正常に働かなくなってしまいます。加えて、ホルモンバランスの乱れも同時に発生し、自律神経にも影響が生じます。

更年期障害は婦人科のある病院・クリニックで治療できます。盛岡市で婦人科のある病院・クリニックで相談を希望する方は、黒川産婦人科医院にお問い合わせください。更年期障害は適切な治療を受けることで、穏やかに乗り越えることができます。

婦人科が対応する更年期障害の代表的な症状

更年期障害で悩む女性

婦人科が対応する更年期障害の代表的な症状としては、下記が挙げられます。

更年期障害の代表的な症状

体に現れる症状 心に現れる症状
頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、背筋痛 もの忘れ、抑うつ
冷え、めまい、耳鳴り 憂うつ感、無気力
動悸、息切れ 不安感
ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり・発汗) 不眠
倦怠感(体のだるさ) 集中力、判断力の低下
皮膚症状(乾燥による湿疹・かゆみ) イライラ

血管運動神経系が乱れると、のぼせやすくなったり、動悸が激しくなったりといった症状が現れるため、入浴の際は注意が必要です。また、体の各器官の調整不良からくる症状もあり、ドライマウスや食欲不振、月経異常なども挙げられます。上記の症状に心当たりのある方は、更年期障害を疑ってみましょう。

このように、更年期障害の症状は千差万別で、ひどい人では日常生活の妨げとなるほどです。しかし、婦人科系の不調をほとんど感じない人もいます。もし、気になる症状が現れたら、盛岡市の黒川産婦人科医院にご相談ください。

自己判断せず盛岡市の婦人科で診断の相談を

更年期に起こる婦人科系の不調は「たいしたことない」と自己判断せずに、盛岡市の婦人科医に診断の相談をしましょう。更年期障害と気がつかずに、市販の頭痛薬などでその場凌ぎをしてしまうこともあります。もちろん、一時的な解決にはつながりますが、完全に症状は緩和しません。婦人科のある盛岡市の医療施設で適切な治療を受けてください。

更年期障害は、ホルモン補充療法によってホルモンの分泌を行い、症状を緩和することが可能です。もちろん、精神的な不調が強く出ている方では、カウンセリングや心理療法も視野に入れておきましょう。盛岡市の黒川産婦人科医院では、症状にあわせて適切な治療方法をご提案いたします。更年期障害でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

盛岡の婦人科なら黒川産婦人科医院へお越しを

院名 黒川産婦人科医院
住所 〒020-0013 岩手県盛岡市愛宕町2−51
TEL
URL https://www.ob-gyn.or.jp/
診療時間
  • 9:00 ~ 12:30(〜12:00)
  • 14:30 ~ 18:00(〜17:00)
休診日 土曜日午後、日曜日・祝日
アクセス
JR盛岡駅から
都心循環バス「でんでんむし」乗車 上ノ橋バス停下車 徒歩4分
県庁・市役所方面行きバス乗車 県庁市役所前バス停下車 徒歩10分
お車でお越しの方
国道4号バイパスより 「中央公民館前」交差点を県庁・市役所方面へお進みください。
市内中心部より 本町通り上ノ橋そばの「本町通り一丁目」交差点を中央公民館方面へお進みください。
駐車場 50台有り