【岩手の産婦人科】母乳外来をおすすめする理由と相談するタイミング

母乳がでない、量が少ない、または出すぎて困っているなど、母乳に対しての悩みを解決するためには、1人で悩まずに母乳外来の利用をおすすめします。乳頭にしこりができた、授乳時に痛みを伴うといった場合は、すぐにでも相談しましょう。

母乳外来の利用に適したタイミングと母乳外来に通うべき理由についてご紹介いたします。少しでも母乳に対して悩みを持っている方がいましたら、ぜひ岩手県の黒川産婦人科医院へご相談ください。

母乳外来の利用に適したタイミングとは?

母乳外来とは産婦人科や助産院などで、母乳育児の相談を受け付けている施設のことです。母乳の出が悪い、出すぎて困っている、赤ちゃんが上手く乳首を吸えない、断乳・卒乳が進まないなど、母乳育児について不安や悩みがあったときが受診のタイミングです。助産師が適切なアドバイスをしてくれます。

乳房にしこりができた、乳腺が詰まって熱を持っている、乳頭が腫れて痛いといった問題が発生したときは、すぐに利用しましょう。外科や内科による治療が必要なケースもあります。岩手県の黒川産婦人科医院では、母乳育児や子供のことで悩んでいる方はぜひご利用ください。他院での出産の方でもお気軽にご相談可能です。

母乳外来に通うべき3つの理由

おっぱいを飲む赤ちゃん

母乳外来には利用すべき理由が3つあります。

1つ目は、母乳に関する悩みを相談できる点です。母乳の出が悪いなと思っても、それが乳腺のつまりによるものか、炎症によるものかは判断が難しいです。助産師や専門医なら、そういった悩みをすぐに解決してくれるでしょう。

2つ目は、母乳育児の不安解消につながります。育児というのは、自分で加減がわからないものです。赤ちゃんの栄養は足りているのかなど、親身になって相談にのってくれます。

3つ目は、卒乳の相談が可能な点です。初めて育児をするお母さんは、卒乳のタイミングを判断するのは難しいでしょう。1人で悩まずに、母乳外来で相談して適切なアドバイスを受けてください。

岩手県で母乳育児のことで悩んでいる方は、黒川産婦人科医院の母乳外来をご利用ください。赤ちゃんの健やかな成長を手助けいたします。

母乳外来に関して黒川産婦人科医院がよくいただくご質問

Q&Aと書かれた黒板を持った熊のぬいぐるみ

Q.母乳外来の際、必要な持ち物などありますか?

A.特にありません。

Q.初めての育児でわからないことが多いのですが、育児に関するどのようなことでも相談に乗ってもらえますか?

A.何でもご相談ください。

Q.母乳外来は産婦人科の先生が直接対応してくれるのでしょうか?

A.助産師対応、必要に応じて先生対応を行います。

Q.母乳外来の受診料はどれくらいかかりますか?

A.1ヵ月まで550円(消費税込)、それ以降2,200円(消費税込)です。

Q.受診料は保険適用されますか?

A.母乳外来は保険外適応、治療が必要な場合は保険適応となります。

Q.母乳外来は何度か通う必要がありますか?

A.状況によります。

Q.他院で出産しましたが母乳外来を受診することは可能でしょうか?

A.可能です。

Q.卒乳を考えていますが、いつ母乳外来を受診すればいいですか?

A.すぐにいらしてください。ご相談に応じます。

Q.上の子も連れて、母乳外来に行っても大丈夫でしょうか?

A.大丈夫です。

Q.母乳は出ますが、赤ちゃんが飲んでくれません。どうしたらいいのでしょうか?

A.まずは助産師にご相談ください。

母乳外来はお母さんの味方

岩手県の黒川産婦人科医院の母乳外来は、おっぱいで育てたいお母さんを応援します。母乳外来は、育児を行なっているお母さんの味方です。子育てに関する悩みや相談、赤ちゃんの発育についてなど、色んなアドバイスを行なっております。他院での出産の方でもお気軽にご相談ください。

岩手で母乳外来に通うなら黒川産婦人科医院へ

院名 黒川産婦人科医院
住所 〒020-0013 岩手県盛岡市愛宕町2−51
TEL
URL https://www.ob-gyn.or.jp/
診療時間
  • 9:00 ~ 12:30(〜12:00)
  • 14:30 ~ 18:00(〜17:00)
休診日 土曜日午後、日曜日・祝日
アクセス
JR盛岡駅から
都心循環バス「でんでんむし」乗車 上ノ橋バス停下車 徒歩4分
県庁・市役所方面行きバス乗車 県庁市役所前バス停下車 徒歩10分
お車でお越しの方
国道4号バイパスより 「中央公民館前」交差点を県庁・市役所方面へお進みください。
市内中心部より 本町通り上ノ橋そばの「本町通り一丁目」交差点を中央公民館方面へお進みください。
駐車場 50台有り